朧月夜と山と蜃気楼

さあ、「カマイタチ」のことを考えてみよう。それほど難しい疑問は無いと思うんだよ、「師匠」については。
ページの先頭へ
トップページ >

ひんやりした休日の午前に焼酎を

あまり、テレビドラマは見ないが、ここ最近、それでも、生きていくを録画してから視聴している。
殺人犯の両親と妹と殺された小さな子の親兄弟が出会ってというストーリーの流れで、常識的にいって起こるはずがない流れだ。
殺された小さな子の親兄弟と殺人犯の両親と妹のどちら側も悲しい話がえがかれている。
ストーリーの雰囲気はとっても暗いと思うけれど、しかしその分、色づかいはきれいな雰囲気につくられている。
花や自然の映像がとても多く、牧歌的というのかきれいな映像がたいそう多く使われている。
このあと、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

風の無い週末の晩に熱燗を
社員で就いていた時の大好きな先輩は、親が社長で、これぞセレブだった。
痩せてて明るくてハイテンションで、動物大好きな先輩。
愛護サークルなど設立して、そこそこ活躍を行っている様子。
革を使用しない、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
少し前に、ご実家に遊びに行ったことがある。
一等地にある高層マンションで、東京タワーが見えた。
先輩は、手入れの行き届いた上品なシャムネコと一緒に住んでいた。

気どりながら話す妹と履きつぶした靴

過去に関わったOLさんがいる。
少し変わった女性で、トークの内容がいつも面白かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
幼稚園教諭の免許、潜水士の資格、小型船舶の免許。
TOEIC800点、漢字検定準1級、そして、元キャビンアテンダント。
公認会計士まで持っていると言っていたような・・・。
さすがに公認会計士の件を母に話してみたところ、あなたの聞き間違いじゃないかと思う、と言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の部長と職場結婚で寿退社していった。

気どりながら叫ぶあいつとあられ雲
夏期なので催しがとても多くなり、近頃、深夜にも人の往来、車の通りがとってもたくさんだ。
へんぴな所の奥まった場所なので、ふだんは、晩、人の通行も車の行き来もめったにないが、花火やとうろうなどが行われており、人の行き来や車の往来がめっちゃ多い。
ふだんの静寂な夜が妨げられてちょっとさわがしいことがうざいが、日ごろ、活況が僅少なへんぴな所が元気があるようにうつるのもまあいいのではないか。
近辺は、街灯も無く、暗いのだが、人通り、車の通りがあって、エネルギーがあると明るく思える。

どしゃ降りの平日の昼にシャワーを

たばこは体に百害あって一利なしだ。
など、知っていても購入してしまうものらしい。
昔、業務の関係で知り合ったコンサルタント会社の専務の年配の方。
「身体が元気なのは、煙と焼酎のおかげです!」なんて明るく言っていた。
こんなに言われると、無駄な禁煙はしなくてもいいのかもな〜と感じる。

よく晴れた日曜の夕暮れは読書を
ちいさい時から、本は嫌いじゃありませんでしたが、何気なく、家や図書室にある本を読んでいました。
ちゃんと楽しんで読み始めたのは、高校3年生の時。
授業で、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを勉強してからです。
内容は、彼氏を失った主人公の、高校のときの思い出からのスタートです。
恋人が事故で亡くなってしまう経験はその時もそれからも、ないです。
だけど、高校時代の私に主人公の切ない気持ち重複してしまいました。
初めての感覚でした。
その子と、高校生の私の年齢が近かった事、それもひとつの理由だと思います。
読んだ帰りに、その本を買って帰ったのが文庫本を買った一番最初です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のお話ですが、ずっと色あせない素敵な作品かもしれません。

どんよりした日曜の深夜は椅子に座る

なにかしらおくりものを決定しなくてはと思っている。
記念日がすぐで、嫁に何かしらおくりものしたいのだけれどめちゃめちゃ良い贈り物が決まらない。
嫁に何か欲しい物があれば、話は早いが、あまり、物欲が存在しないので、嬉しがりそうなものが見当つかない。
だけど、ばれないように何か見つけて驚かせて喜ばせたい。

前のめりで話す先生と夕焼け
出張営業に出ると、一週間くらい泊まり込みの時がある。
凄く、充実感はありだけれど、凄く気を張っているので、毎日2時間睡眠。
起きる予定時間の相当前には、目が覚める。
寝不足だけれど、家に帰ってきたときの達成感は幸せだ。
思いっきり遊んでいいことにしているし、眠れるし、しっかり食事をとる。

雪の降る休日の午後はゆっくりと

昨日は、梅雨が明けて初めて雨になった。
サビキ釣りの約束を娘としていたが、雷が鳴ってきたので、さすがに怖くて行けそうになかった。
気がついたら、雨が降っていなかったので、やっぱり行ってみるということになったのだが、釣りに行くための道具の準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨が止んで先に来ていた釣り人が、あわてて釣り道具をなおしていた。
えさも買ってとかして用意していたのにもったいなかった。
次の機会にと言って釣り道具をしまった。
明日からは晴れが続くみたいだ。
なので、今度こそ行ってみよう。

凍えそうな平日の晩は冷酒を
出身県が違うと食生活が違うのを結婚してからめっちゃ意識するようになった。
ミックスジュース飲む?と妻から普通に聞かれ、コンビニででも買っていたのかなと考えたら、自宅でも作ることが一般的らしい。
バナナやモモやらと氷を加えて、牛乳を挿入してミキサーで混ぜてすぐに完成。
自宅でごくごくと飲んだのは初めてだけれど、しかし、すごく美味だった。
よかったし、はまって、自分でもつくっている。

サイトメニュー

サイトメニュー

Copyright (c) 2015 朧月夜と山と蜃気楼 All rights reserved.