朧月夜と山と蜃気楼

テレビのインタビューなどで、「悪ガキ」のことを尋ねられたとしたら、アナタはどんなことを返答する?「たい焼き」って、人それぞれで考え方が全然違うなのかもね。
ページの先頭へ
トップページ >

笑顔で泳ぐあの人と霧

冷え性になってからは、少々辛いけれど、どうしても寒い時期がマストだ。
家の外が乾いているので、引き締まったような匂い、それに加えて電気カーペットの温もり。
冬の太陽って恵まれている気分にしてくれるし、一眼レフを持っていく、夜の海岸もきれい。
その時は、レフもGOODだけれどトイカメラで気持ちよく連写するのがそこそこ趣のあるSHOTがゲットできる。

薄暗い休日の夕方に立ちっぱなしで
私は、学校へ通うようになってから高校生まで熱心に学ぶという事をしてこなかった。
周りが必死で勉強していても、私は言われるままの内容をなんとなくやるといった感じだったように思う。
だけど、専門学校に入学してから私の好奇心をそそる分野の勉強に変わると、知識がどばっと入ってくるようになった。
しばらくして、就職をして、研修期間の勉強を過ぎて本当の業務を任されると、どうしても何も言わずに学習せざるを得なくなった。
疲れたとか考える間もなく、何よりも頭を使う数年が続いた。
こういった期間をしばらく体験すると、急に高校時代に取り組まなかった勉強を見直したいと考えるようになった。
現在では、同じことを言っている人が周囲に何人もいる。

息もつかさず大声を出す友人と私

理由があって必要性のある大きな竹を多すぎるほどちょうだいするようになり、ありがたいのだが、しかし、密集した竹が障害となっていてつぎつぎと持っていってほしい土地管理者は、私が仕事で使いたい量以上に竹を持っていかせようとするのでちょっと困る。
今必要な量より持って戻っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、竹が邪魔でしょうがないらしく、運んで行ってくれとしきりに請われる。
こちらもいるものをタダでもらっているので、断りづらい。

控え目に体操する兄さんと僕
少し時間にゆとりが出来たので、TSUTAYAへ足を運んだ。
新規でmp3playerに挿入する楽曲を見つけるため。
最近、かなり聞いたのが西野カナ。
いつも習慣になっているのが洋楽。
ワールドミュージックも魅力的だと近頃思う。
そこで、今日はレンタルしたのはalizeeだ。
甘い声とフランス語の発音が似合うと思う。

どんよりした木曜の深夜は立ちっぱなしで

最近、麻衣子と明日香とツアーに行ってきました。
2人は、私の大学の同級生で、同じ時間を共有した仲です。
しかも、力を入れていたのが国際観光と観光英語だったので、観光が、大好きな生徒たちでいっぱいでした。
その中でも、明日香と麻衣子を含む気の合う6人でさまざまな地へ宿泊した思い出は忘れられません。
私は元々そんなに仲のいい友人が多い方でもないし、しかも十分だと感じています。
という事で、素直に喜んだけれど、すぐ横で麻衣子が満足しているような雰囲気だったのもツボでした。

一生懸命泳ぐ君と気の抜けたコーラ
いつも、できるだけ無地のコーディネイトで出歩く私は、かなりビックリされるけど。
コルセットやポーチやドレスまで揃い、ラインで身につけたいと思えば節約生活になりそうだ。
それでも、ファッションは夢中になってしまう何かがある。

雲が多い火曜の午前に読書を

深夜、目が冴えているときは、新作映画をなんとなく見るのが楽しみ。
昨夜見たDVDは、エスターという米国シネマだった。
メインの、エスターと言う子はしっかりものだけれどずいぶんクレイジーな9歳の子供。
ラストに衝撃の結末が見れる。
これは見る真ん中で、終わり方が予想できる人がいるだろうか疑問なほど想像もできない事実。
まさに、ドキッとするのではなく、恐ろしくある種のホラー映画のような終わり方だった。
映画は、眠れない私の深夜の時を満足させてくれる。
深夜の映画は常にお酒とおつまみもお供しているので、体重が増えてしまうのが良くない。

雲の無い祝日の深夜に外へ
出張で、日光へ向かうことが凄く多かった。
北関東にある日光は栃木県にあって、内陸の県で、背の高い山々に囲まれている。
そのことから、冬になると積雪し、除雪車やチェーンが必須だ。
紅葉の時期になると、と東北道を使い、2泊3日の予定で行って、帰って、また2泊3日という生活スタイルがとても多く、雑誌などメディアで日光が登場すると懐かしくなる。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は見た方が良い場所だ。
紹介すると、旅行のメインはやはり日光東照宮。
江戸を治めた徳川家康の墓があるところで、中の厳かな様子に驚くことだろう。
そして、いろは坂の上にある日光の湯元温泉
硫黄泉らしく、乳白色で高温の温泉。
この温泉を浴びると冷えにも良いだろうと思う。
日光東照宮建立当時、湯元温泉のお湯を目標に湯治客が集まったそうだ。
様子は思い浮かべられる歴史的な町がここ栃木県の日光市。
宿泊所の紹介も兼ねて、ガイドブックにも紹介されている栃木の日光に、また行ってみたいと思っている。

笑顔で吠える家族と失くしたストラップ

体の大半は水という調査もありますので、水分は人の基本です。
水の補給を充分に行い、みんなが活発で楽しい夏を過ごしたいものです。
輝く光の中から蝉の声が耳に入るとこの頃、いつもそこまで外出しないという方も外に出たくなるかもしれません。
すると、女性だと紫外線対策に関して丁寧な方が多いかもしれません。
暑い時期の肌のスキンケアは夏が過ぎた時に表れるといいますので、どうしても気にかけてしまう部分ですね。
もう一つ、誰でも気になっているのが水分補給につてです。
まして、普段から水分の過剰摂取は、あまり良くないものの、暑い時期ばかりはちょっと例外かもしれません。
その理由は、多く汗を出して、知らず知らずの間に水分が抜けていくからです。
外出した時の本人の健康状態も関わるでしょう。
ひょっとして、自分で気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
夏の盛りの水分摂取は、次の瞬間の体調に表れるといっても過言にはならないかもしれないです。
ちょっとだけ出かける時も、小さなもので大丈夫なので、水筒があるととっても便利です。
体の大半は水という調査もありますので、水分は人の基本です。
水の補給を充分に行い、みんなが活発で楽しい夏を過ごしたいものです。

涼しい金曜の午後は外へ
本を読むのは好きなことの一つだけどどんな本でも読むはずはない。
江國香織の文章に凄く惹かれる。
もうずいぶん同じ作品を読み進めている状態だ。
登場人物の梨果は、8年付き合った恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、その引き金である華子と一緒に住むようになるという変わった話だ。
とにかくラストは衝撃的で、大胆な形だがそれを知ったうえで振り返ると「確かに、そうなるかもしれないな」というのを匂わせている。
との上、ワードチョイスや登場するミュージック、物などセンス抜群。
ミリンダが登場するとミリンダが飲みたくなるように書いてあるし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽が出れば私もCDをかけてしまう。
言葉選びの方法が優れているのだろう。
他にも、「悲しい美しさだと思った」なんてセンテンスがどこから生まれてくるのだろう。
こういった文章に惹かれて、夜遅くに何度も同じ江國香織の本を読んでしまう。
お気に入りの作品との夜の時間が夜更かしの発端なのだろう。

サイトメニュー

サイトメニュー

Copyright (c) 2015 朧月夜と山と蜃気楼 All rights reserved.